【報告】CS ありがとう!デンコーチ! 2020/11/22,23

2020/11/28

BS CS カブ隊活動報告

t f B! P L

 














カブ隊の2日間の活動で
素晴らしい活躍を見せてくれたデンコーチ。

ボーイ隊から小学6年,中学1年,2年の
それぞれ1人が奉仕で来てくれました。

紺と金に光るデンコーチ綬(じゅ)を肩に着け
組と隊リーダーの間で臨機応変に
サポートしてくれた心強い存在です。

そんなデンコーチの活躍、雄姿を
今のカブスカウトたちの未来の姿として
今回、感謝の気持ちと共に
ご紹介したいと思います。



当日まで会えなかったため、
当日集合で活動予定を渡し、説明。

年長のボーイさんは入れ替わりで上進のため
全員初めて一緒に活動するスカウト...。
駅では組分け表をみつけて
「名前がわかってうれしい!」と。
素敵です。

電車や待ち時間は”デンコーチとは”を学習。
2日間の活動予定を読み、役割を理解。

営火での導入スタンツも
依頼したら数分で企画、完成。
素晴らしいチームワークです。



到着時の活躍も完璧!!!!

・クマスカウトへの国旗掲揚講習、お手本。












・U字集合 号令




・服装チェック



・デンコーチ綬をつけてもらうときは
 はにかんだ笑顔




彼らのカブスカウト時代を
知っている大人たちは ここまでで既に
「ボーイ隊、すごい!」
と、その成長に目を見張りました。

スカウトも、隊リーダーに近い存在として
デンコーチを”何かが違う”と
見つめはじめます。

河原ではカブ隊がデン作りをしている間
火起こしプログラムの参考で
火起こしにデンコーチと副長でチャレンジ。

デンコーチも副長も難しかったので
この企画はお蔵入り。
一生懸命、トライしてくれて
ありがとう、デンコーチ!




完成したデンの評価に向かった際も
3人1チームで各組の組長のアピールを
聞き、各組のデンの良いところを
大人も見つけられなかった良さを評価。
本当に頼りになるデンコーチ。

次のプログラム、マッチリレーでは
妹弟を見守る真剣な目で
審判と消火を担当。
心強さしかありません。



暗くて写真は載せられませんが
営火の仕切りもバッチリ。

即席で企画した「ゴリラ鍋」も
カブ・スカウトたちは大喜びでした。
カブ・スカウトたちのことを
経験者の彼らはさすがよく知っています。

翌日の集合時のセレモニーでもバッチリ。



この後、着替えての登山では
最後に出発の1組以外に分かれて随行。

4組はデンコーチが中央でサポート。
暴れるウサギ・スカウトたちの間で
「はいはいー」といなし
落ち着いた確かな歩みで進んでいきます。
安心安全、信頼しかありません。



3組は坂道で遅れた大人に代わって
デンコーチが先頭を進み
スカウトたちが一団となって進む。

とても良いペースで登っていました。
ガッツで弟妹たちを引っ張っていく
素敵な姿です。


2組では感動のシーンが。
数年前、肝試しで号泣していたデンコーチ。

暗い洞窟探検の時に
妹分たちの手をしっかり握って入っていく。

一回りも二回りも大きな背中に見えます。
素晴らしい成長を感じました。



今回のデンコーチを見て感じたのは
ボーイ隊での自治活動、チームワーク。
周囲への気遣い。素直さ。

活動で厳しい先輩に教わっているとの噂も
彼らから聞き、指導と経験が活きていました。

カブ・スカウトたちと少し離れると
伸び伸びと彼ららしい、本来の姿もみえ
なんだかホッと、安心もしました。



デンコーチのいる活動は今回初めてでしたが
カブスカウトたちの
デンコーチをみる目が、大人と全く違い、
”自分たちの未来として映っている”
そんな風に感じました。

デンコーチ
デンコーチを派遣してくれたボーイ隊へ
感謝の意を込めてお送りします。

本当にありがとう!デンコーチ!弥栄!!



ボーイ隊は小学校6年生~中学2年生の

男女を対象に活動しています。


カブ隊は小学校3年生~5年生の

男女を対象に活動しています。


学校2年生までの元気なちびっこは

ビーバー隊で活動中です。

学校とは違う体験を。
仲間を。キラキラした思い出を。


カブ隊から入っても普通に楽しめますが
ビーバー隊から馴染んだ仲間との信頼は
子供の成長に拍車がかかってお勧めします。

年間予定等、お気軽に団まで

お問い合わせください。


コチラで検索!

このサイトについて

このWebサイト上のスカウト運動に関する事項は、ボーイスカウト日本連盟サイト掲載「ボーイスカウト関係のホームページ開設」に沿って、ボーイスカウト東京連盟 城東地区墨田第3団 広報担当の責任のもとに掲載しています。

過去記事一覧

 
TOP