【報告】CS 心を燃やせ!探検家!② 2020/11/23

2020/11/28

CS カブ隊活動報告

t f B! P L

 



2020年11月23日(祝)

朝。集合場所では年長のクマ・スカウトの
国旗掲揚練習からスタートです。

年少のシカ、ウサギ・スカウトたちが
なぜか、盛り土の山に群がります。
山に登る気力、充分です。

カブコールで集合の後
無事に国旗掲揚、ソングと続き
本日のプログラムの説明です。












今日は組ごとに”日の出山”に登ります。
スピードで競ってはケガをしてしまうので
今回はスピードではなく、クイズで勝負。

クイズは今回のテーマ、”探検家”に沿い
日本の誇る、探検家、”植村直己”クイズ!
クイズの答えは17コ。

内、5つはヒントが山の中に隠れてます。
目印をみつけて、全問正解なるか!?

2組ずつ登山口に向けて出発します。
待っている間に、止まっている搬送用の車に
見事に指で落書き。待ち時間も楽しみます。

組には行動食として、チョコスナックパン、
タラ、ブックと同じ大きさのキャラメルが
配布されます。



※答えはこちら








今回の”日の出山”は、高さはそれほど
高い山ではないのですが、厳しい階段の山。

入山後から登り階段がひたすら続きます。
最初に4組から出発、10分開けて3組。
4組出発から30分ほどあけて次に2組
そこから10分開けて1組が最後に出発です。


組の中ではパトロール体制で進みます。
先頭がデンリーダー。組長、年少スカウト
最後に次長、デンリーダー、隊リーダーと
安全確認をしながら進みます。

山に慣れるまで、各組ごとに
歌ったり、しゃべったり、喧嘩したり
色んな方法で歩みを進めていきます。





山の中にはクイズのヒント、
楽な道のヒント、ハズレ?もあり
スカウトたちは、「あった!」と
みつけて、ヒントカードを取ります。

ヒントはこんな感じで山に隠れています。
全部見つけられるかな?

たくさんのヒントを
スカウトたちは発見しながら
どんどん、厳しい山道を上っていきます。









途中、大きな岩を抜けたあたりから、
まるで遺跡のように、苔の生えた階段が。

そして階段にも落ち葉が積もり
見えにくく危ない場所も。

そんな時は、後ろを歩く仲間のために
落ち葉を手でどけてくれるスカウトたち。

「どけといたよ!」「気を付けて!」
しっかりとチームワークが育っています。



だんだん、空が近づき始めました。
もう少しで、尾根道。
尾根道からもスカイツリーが見えます。
山頂までもうひと頑張りです。

ここで見つけた指示書には、
「くろも岩 頂上へへ登れ」
くろも岩に登り、ヒントを発見します。





疲れた足で、岩に登り
ラストスパートもまた階段!

新しい木の階段をしばらく登り
狭い道を抜けると、やっと山頂へ到着。






着いた組から、山頂のトイレへ行き
次々にスカウト弁当を食べ、
オヤツをたべ、記念撮影。

なぜか、山頂で石器時代を彷彿とする
石と石をぶつけて遊ぶスカウトたち。

山頂の石は壊れやすいのか?







30分ほどほかの組の到着を確かめた後は
3組、4組と2つの組ごとに、下ります。

この山の中には洞窟が隠されている!
探検家であれば、見てみたい!

みんなで洞窟を探しながら降ります。
行きは気づかなかったから
帰りも見逃してしまうのでは?

山頂の眺めにもお別れをして
ドキドキしながら、下っていきます。







洞窟付近には、副長が待っていて
教えてくれました。

行きは気づかなかったところに
鍾乳洞があったようです。

洞窟の中には祠が祭ってあり、
みんなで安全な下山に感謝しました。

洞窟は大人がかがんで入れる
奥行2-3Mの場所。
そこから奥は「立ち入り禁止」と
ありますが、そもそも真っ暗です。

少し勇気を出して奥を覗いたスカウトが
「何か光ってる!」と
クリスタル・トロフィーを発見しました。

今回のイベント記念の特別トロフィー。
最優秀組の組長に贈られます。










洞窟を組ごとに探検した後は
更に下山していきます。

洞窟から20分ほどで登山口まで帰着。
ここから路線バスのバス停まで下ります。

バスを待っている間は、クイズに回答。
「もうわからないから珍回答ねらおう!」
そんな声も聞こえてきます。




この地域の路線バスは少し小さいサイズ。
みんなが乗っても、ほかのお客さんに
迷惑が掛からないよう増便済!
おかげで全員同じバスで駅まで到着。

無事に始発の電車を先頭で並んで待ち
座って乗ることができました。
帰りの電車に乗る前には
豪華なオヤツパックが配られました。

電車は1両に1組ずつに分かれて乗車。
電車に揺られて錦糸町駅に無事、
時間通りに到着しました。




駅から少し歩いた、広い場所で
セレモニーです。

まずは、デンリーダー、デンコーチと表彰。
無事に活動を終えられた感謝を”祝声”で
伝えます。

特別参加いただいた団委員さんにも”弥栄”を。

今回の活動で受賞した「探検家」の
チャレンジ章が受賞の15人に贈られました。




続いて個人賞の授与。

組長やデンリーダー、隊リーダーからの
推薦で、個人賞のペナントが
隊長から贈られます。

地図を見てくれた、ゴミを拾った、
デン作り、スタンツ、笑わせてくれた。

たくさんの頑張りが認められ
祝声が続き、組長は温かく見守ります。



そして最後は最優秀組の発表です。

デン作り、火起こし、組歌、スタンツ、
最後の探検家クイズ。
少しづつ結果が発表され、最後に合計点が。

最優秀組は 50.5点の 4組!
0.5点差で 50点の1組が2位!
48.5点の2組が3位となりました。

どの組も1位を取っている項目があり
クイズまで接戦でした。
どの組も本当によく頑張りました。

最優秀組には、銀のカップ以外に
クリスタルトロフィーが組長へ。
最優秀組のスカウトには
「こころをもやせ」ペナントも!

また、最後には参加した全員に
お揃いの参加賞ペナントが配布されました。

参加賞ペナントは、組ごとに組旗の色が
編まれていて、組でお揃いです。







次回の活動は12/6(日)

都内の河川敷を予定しています。


カブ隊では コロナ対策として

朝の体温測定,消毒液,マスク

水分補給に注意して,現在活動しています。


カブ隊は小学校3年生~5年生の

男女を対象に活動しています。


体験で参加して入隊を決める子も多いです。

まずはお気軽にお問い合わせください。


小学校2年生までの元気なちびっこは
ビーバー隊で活動中です。

カブ隊から入っても普通に楽しめますが
ビーバー隊から馴染んだ仲間との信頼は
子供の成長に拍車がかかってお勧めします。

年間予定等、お気軽に団まで

お問い合わせください。



コチラで検索!

このサイトについて

このWebサイト上のスカウト運動に関する事項は、ボーイスカウト日本連盟サイト掲載「ボーイスカウト関係のホームページ開設」に沿って、ボーイスカウト東京連盟 城東地区墨田第3団 広報担当の責任のもとに掲載しています。

過去記事一覧

 
TOP