【報告】CS 困っている人に服を送ろう 2021/8/29

2021/09/04

CS カブ隊活動報告

t f B! P L

 











2021年8月29日 日曜日


明けない緊急事態宣言。

会える日を楽しみにして

スカウトたちとできることを

みつけました。


まずは説明から。

動画を2分ほどみて

難民について勉強しました。


そのあとはクイズで勉強です。


















組ごとに分かれて5分考え

全員戻ったら、組長が発表します。


第一問:

どの地域が一番多いと思いますか?

 1組:オセアニア

 2組:アフリカ

 3組:南アフリカ


第二問:

全部で合計、何万人?

 1組:6,530万人

 2組:6,530万人

 3組:6,530万人


ん?一緒?!

1問目の正解は、アフリカ
(3組は惜しかった!)

2問目の正解は9,192万人!

実はスカウトたちの今日の持ち物の
チラシに「6,530万人。」
と書いてありました。
さすがスカウトたち!発見!

ただし、6,530万人という
チラシの情報は2016年でした。

最新の2020年12月では9192万人。
4年間で2,600万人も増えたのですね。



















難民の人たちはキャンプといっても
テントが帰るおうちであり、
本当に帰る家が他にないこと。
家だけでなく、家族も失う人もいること。

ほとんどが戦争や紛争で
難民になりたくなくてもなってしまうこと。

そんなお話を聞いた後、次回の活動と
のつながりのため、短い動画で学びます。







次回の隊集会では「この活動を広める」という
ことも組対決の課題になります。

集めてくる服の数ではなく、
「協力者を増やせるか」というところが
ポイントです。

・良いことを広める力
・思いを共有し、同志を増やす方法を考える

スカウトにとっても、人としても
大切な力を養います。



スカウトたちは
「このコロナで集めて大丈夫?」
「お店に貼ってもらってもいい?」
等、しっかり考え始めていました。
9月26日の隊集会までに作戦会議です。


9月5日(日)次回は

オンライン組集会(自由形)として

9月26日の作戦会議になります。


・服を届けるボランティアについて

・ソーラークッキングの準備

・組歌作りの続き

・組の中の結束を固める遊び


自由形です!


組の個性あふれる活動になりそうで

今から楽しみです。



ーー

カブ隊は小学校3年生~5年生の

男女を対象に活動しています。


小学校2年生までの元気なちびっこは

ビーバー隊で活動中です。


学校とは違う体験と仲間を。

キラキラとした思い出を。


カブ隊から入っても普通に楽しめますが

ビーバー隊から馴染んだ仲間との信頼は

さらにお子さん自身が安心な環境となります。


年少のお子さんにはビーバー隊での

体験もお勧めします。


詳しくは 優しくて明るい募集担当まで、

 join@sumida3.net

年間予定等、お気軽に

お問い合わせください。






コチラで検索!

このサイトについて

このWebサイト上のスカウト運動に関する事項は、ボーイスカウト日本連盟サイト掲載「ボーイスカウト関係のホームページ開設」に沿って、ボーイスカウト東京連盟 城東地区墨田第3団 広報担当の責任のもとに掲載しています。

過去記事一覧

 
TOP